良薬口に苦し! | 体の外から内から美しく・・・

2021/04/14 11:08

この度「宮古ビデンスピローサ濃縮エキス」のパッケージがリニューアルいたしました。
すっきりとしたシンプルなデザインです。

さてタイトルの「良薬口に苦し!」という言葉!
語源は中国の書物だそうです。
病気によく効く薬は、苦くて飲みにくいものである」
ということ。
「宮古ビデンスピローサ濃縮エキス」は主原料の「宮古ビデンスピローサ」が高濃度で
今注目される「宮古ビデンスピローサ」の多機能性を最大限実感頂けるものとなっております。
ただ・・・こちらは飲みやすくするための甘味料など一切入っておりませんので
正直、「苦い」「飲みにくい」「まずい」なのです。

ちなみにうちの子供達は中学生ぐらいの時にはじめて飲んだのですが、
苦そうな顔はしますが、平気で飲みます。^^;
「良薬口に苦し!」という言葉を教えたわけでもないのに平気みたいです。^^;
体に良いものは不思議と入るんでしょうか?
私も苦いとは思いますが、平気です。
先日口の中に口内炎なのか痛みを感じ、「宮古ビデンスピローサ濃縮エキス」を口の中に
含ませてみました。痛みを感じたところがもちろんしみますがグッと我慢!
次の日には痛みがなくなっていて「宮古ビデンスピローサ濃縮エキス」のすごさを実感したところです。
☆主原料である「宮古ビデンスピローサ」の多機能性☆
 ●炎症反応を抑えます
 ●ウィルスが増殖しにくくなります。
 ●血糖値を下げる効果があります。
 ●アレルギー反応が起きにくくなります。
 ●外部刺激で発生した活性酸素を消去します。
 ●抽出液に防虫効果があります。
やはりこれらを最大限実感できる「宮古ビデンスピローサ濃縮エキス」はすごいです。
「良薬口に苦し!」ですがそのままダイレクトでお飲み頂くことをオススメ致します