主原料の宮古ビデンスピローサの新たな特許取得について | 体の外から内から美しく・・・

2020/08/07 14:45

取扱商品のかんぽう茶ペットボトル、そして宮古ビデンスピローサドリンク、宮古ビデンスピローサ濃縮エキスの

主原料である「宮古ビデンスピローサ」が新たな特許を取得しました。

「ALS抑制効果」の特許を取得!

ALSは、脳や末梢神経からの命令を筋肉に伝える運動ニューロン(運動神経細胞)が侵される病気で、難病の一つに指定されています。

難病であるALSは確率した治療法がなく日本では約1万人ほどいらっしゃるそうです。

詳しくは武蔵野免疫研究所のYouTubeを是非ご覧頂きたいのですが

運動神経がどのようにおかされているのか?というと、神経細胞の周りにある

二つの細胞が暴走増加をすることによって神経細胞が犯されていくそうです。

研究では宮古ビデンスピローサが二つの細胞の増加を同時に抑えていることがわかり、

二つの細胞の増加を同時に抑えれる素材は世界中を見てみても珍しい結果だそうです。

その結果運動機能の維持、神経組織の現象の抑制まで見られたそうです。

ALSだけでなくパーソン病、アルツハイマー、脳梗塞などの神経変性疾患全般に良い作用を起こすことも

研究でわかったそうです。薬ではない天然物の宮古ビデンスピローサがここまでの研究結果がみられたということは

すごいことなんですね!

もちろん薬ではありませんしあくまでも抑制できる作用があるということなんですが、

少しでも宮古ビデンスピローサがALSで苦しんでおられる方の希望の光になればこれほど嬉しいことはありません。